桐生山岳会

群馬県山岳連盟加盟団体

ようこそ!桐生山岳会へ!

谷川岳(西黒尾根)雪慣らし)登山    2019年12月15日 参加者5人

がれ沢の頭(昼食)

行程:桐生5:30 発、7:30~8:20 ロープウェイ駐車場=11:30~12:00 がれ沢の頭=15:00 ロープウェイ駐車場着

天気:曇りやや風強し、時々晴れ間 土合駅周辺は積雪ほとんどなし
8:20 駐車場発 鉄塔までは、雪は解けだしぐちゃぐちゃ状態
 鉄塔超えると少しずつ積雪がみられたが、全体的に雪は少ない。
 岩には適度に雪が付き、登り易い。
11:30~12:00 ガレ沢ノ頭 昼食休憩
 この辺りに来たら、日も差し、風が止んだ。ホッとしてゆっくり昼食休憩。今日はここまでで下山
15:00 ロープウェイ駐車場着
 登っている人も多いため、トレースがついて歩きやすかった。

 天神平を方面を望む

 

谷川岳を背景に(ガスで視界望めず)

 最新山行報告

2019年 冬山合宿           八ヶ岳 天女山~前三ツ頭  12 月 30 日~12 月 31 日  参加者3名

前三ツ頭の道標

12/30 桐生発5:00=9:00天女山登山口9:20――天女山――1800m地点幕営

 冬の合宿は五竜岳の予定だったが、低気圧が来てその後は冬型になるという予報。南の方なら登れるかもしれないと権現岳に変更した。登山口に行くと、登山届が義務化になり、警察官が待機していた。登山届の用紙に年齢や冬山の経験年数などを記入。そして一言「やめたほうがいいよ。」といわれ、「行けるところまでで、帰ってきます。」と答えて出発。湿った雪にザックも気分も重い。急登の手前でテントを張る。新雪が降ったので、何とか水も作れる。明日の天気が気になるが、早々とシュラフに入った。

 

上部を見たところ

12/31 出発 6:30――8:50 前三ツ頭――テントサイト 10:30――12:00 天女山――12:40 登山口 ―稜線下 10:45――11:18 稜線――11:25 白馬岳――頂上宿舎 12:08――テント着 14:18  

夜は、月も星も見えた。夜中は風の唸る音。ゴーッ、時折息をついて吹いていた。朝になると風 もやみ、とりあえず出発。気温が高くアイゼンは不要。2000m を過ぎてやっと展望がきく、富士 山が大きく見える。甲斐駒ヶ岳も見えるが山頂は雲の中。稜線に出ると風が強く上も見えない。 ここまでで十分と、即下山。途中、綺麗な富士山を眺めて心もち満足、2019 年の大晦日となっ た。


 
 富士山が大きい

 

桐生山岳会事務局
桐生市天神町1-1-31
 0277-46-4827 ✉ kiryusangaku2019@gmail.com
 

inserted by FC2 system